So-net無料ブログ作成
マラソン ブログトップ
前の10件 | -

発表会@神戸女子ハーフ [マラソン]

        神戸女子ハーフのレースを走ってきました。^

    

    プラタナスの葉がまだ青々していた頃。もうこんなに実がつきました。

1時間40分切りを目標♪に練習をして、「いける」はずでしたが。。号泣                   

では。。。実を結ばなかった日記をご覧下さいませ。


野口みずき選手のそれこそすぐ近くで、らんばのわかばちゃんや自己新のふるさんたちとスタート 

   いいのかこんなとこにいて  あたし。。photo by ますちん

                                                                         スタートして0.5キロ地点で まずシューズの紐がほどけた。不吉っ!                           

1㌔4'34  2㌔4'31 お腹がチクッ。だが、10秒おとせば大丈夫                    練習はしてきたから!と落として次の1キロは 4'42。 やはり回復した。                  次の1キロが 4'22  しかし、今度は違う痛みが来た。お腹か骨盤が痛い

ちかくを走っていたこーちが叫ぶ 「走る気あるんかぁぁ!!!!!!!!」                       「あるわいっ( ̄□ ̄;)!! 」小さく叫ぶ。。

こうなったら 無理なく行くわ。。4'42  4'42 4'41 3'50  5'38 ←この距離表示??      4'49.......ずるずるずる・・・・4'59・・・・ずるずる  

疼痛におそわれました。 15キロまではそれなりに走れましたが、それ以降がダメで、歩いたり、止まっては近くにいたこーちにお腹を押さえてもらったり、それはもう、サンザン御迷惑をかけてしまいました。(>_<) 「おそらく腸腰筋ですね。。。」と言われたがピンとこない。「ん?」

そして15キロ過ぎに忘れていたあの人がきた! 「やぁ~だいじょうぶかぃ~」と夫のGOLD。         さっそうと走って去っていった。 かっこよかったな。。彼は練習不足から、足を攣りそうになりながら  1時間41分でゴールしたそうな。 ゴール直後、応援に来ていたらんばの仲間に「らんこに勝ったぁ」 だったらしい。。 ここにハッキリ書いておこう

  イェ~イ♪  photo by ますちん

その後、よろよろ歩き走りながら、なんとか1時間50分でゴール。最高に疲れました。            もうマラソンなんかイヤだ。と思った。初めて思った。


そして昨日初めて門をたたいた整骨院。                                      「左の股関節が腫れていますねぇ。しかし、かなり硬いですねぇ・・(*_*) 」                      こーちに指摘されたとおりです。左の足の出が悪いのもこのせいだった。                                           股関節~腸腰筋はすべて繋がりのあるレッドゾーン。今まで無関心だったストレッチ。やらなきゃダメだわ。って走る気になったのね  

               

でも、奥田さんやえみゅー&るんな御夫妻にも会えたし♪KAZUくんにも声かけてもらって。。         マリオにはいたるとこで応援していただきました。ホントうれしかったです。                       そして 参加賞が素敵なのよね 秋の色ね。 来年は、どなたか一緒に走りませんか♪


■そういえばシリーズ

ナンバーカード 1096  苦労がいっぱい。ふ~ん

前日の応援メール。。。  「神戸~泣いてどうなるのかぁ~」 だって (T_T)

当日の朝のこと。 洗濯機が バァァァン!と音をたてたっきり、ウンともスンともいわない。。

スタートして0.5キロ地点で シューズの紐がほどけた。


プラタナスの木って葉っぱが光を通すので、明るいグリーンで美しいし、秋になると色が変わって落葉するのも素敵ですよね 鈴がぶら下がっているようなので、「鈴かけの木」と呼ぶそうです。

「♪♪プラタナスの枯葉舞う冬の道で♪♪・・・・」風が歌っていましたね。  

追 洗濯機かいました。(笑) 


私の青島太平洋マラソン [マラソン]

昨夜、大阪に帰りました。大いに楽しみ・・・そして苦しみました 今年最後の大舞台で。。。ドンデン返しが   

   


  マラソン前日の9日  南国宮崎空港で再会したわたしたち。ハグハグ さぁ~ドライブよ!車内では「すぃ~とばい すぃ~とばい・・・」が流れている。

男たちの^^   青島 おぉぉ


ほどほどの前夜祭・早目に就寝。マラソン当日となりました。

ドラ家族と一緒にアップとゴールの前撮り。 ドラ奥さまはハーフに出場、三女の○りちゃんはフル。すごいんですのよこのご一家。○リちゃんは中学時代5キロ18分代で走っていたそうなぁぁぁ

完走めざして、がんばろう」の文字がその後ふか~い意味を持つとはこの時思いもしなかったのであります。

  

           快晴、気温は18度 風ややあり 気合満々

さぁ   いくぞぉぉ      

参加人数8,600人。私の申告タイム3時間30分(あつかましい?・・汗)の場所にはすでに3,300人以上のランナーが並ぶ。ドラの人気はここでもすごいね^^ 隣にいるだけでいい気分♪ スタートはホノマラ、LAマラみたいでした。スタートラインまで2分かかり、そこからまた、混雑のため立ち止まる。「うぅぅぅ・・・」 

入りは5分42秒かかりその後5:18 5;10 5;01 といい感じで走っておりました。夫も静かでした(笑)突っ込まないように注意し、自然なペースで走っておりました。18キロで給水したので必要なかったのですが、横を走る男の人の吐いたツバが足にかかっていて気になって気になって立ち寄った20キロ手前のエイドステーション。ここでアクシデントがありました。

最初のテーブルは混雑するので2番目のお水のテーブルに行った私。と、突然大きな男の人が倒れてきました。 そのまま彼を抱きかかえるようにストーンとお尻から転びました。体格のいい20代の上には、なんと、もう一人50才前後の男性が乗っておりました。いわば将棋倒しというのでしょうか・・・・ おそらく120キロ以上を抱きかかえて転んだことになるんでしょうか・・激痛でした。これまでファンランばかりしてきたので「殺気あふれるエイド」は初めての体験でした。「あ、すみません」と言ったまま走り去る男たち 「てめーら、おい待て!」の気分で2キロ走りました。。5;22のラップで走れたと時計は記録してます。(笑) ハーフを1時間50分くらいで通過。

しかし、痛みはそれから増してきてとうとう走れなくなりました。痛さと悔しさで涙がこぼれて仕方なかった。 救護を求めたのですが、高校生のエイドばかりで「えっとえーっと・・・」の返事が返るばかり。そういえば、救護カーが走っていたから呼び止めよう。それまで行けるとこまで行こう。。夫が折り返しで来た。気づかれないように「ちょっと足を攣っただけ。だいじょうぶ!」 次に○りちゃんがきた。「らんこさん、だいじょうぶ?」と声をかけてくれた。ドラがブイブイ言わせてきた。絶好調に見えた。遠くからハグハグモーションで近づいて来たから、もう嬉しくって痛みを忘れて抱き合った。

風が吹いてきた。 涙が乾いた。「スロージョグで行けるところまでいこう。完走を目指そう」 前日、ドラ車でコースを下見したあの大淀川にかかる橋を通った。雄大な川だ。太平洋と交わるのがはっきりと見える。宮崎・青島太平洋に来ているんだ・・・と思ったらまた涙が出てきた。伊藤こーちの言葉や応援してくれたらんばでぃの仲間たち、川ちゃんやランパパ、かずみちゃんの顔。そしておつまみ~ず☆の仲間たちの顔をゆっくりゆっくり一人づつ思い出しながら走りました。

そのうち欲が出てきた。このまま行けば、トコトコ行けば完走だそしてサブ4.5だ。そうだそうだ、それでも自己ベストではないか 競技場が見えてきた。もうラップはハーフから取っていないけど、今日のレースの中で最もガンバッタ精一杯のラップを刻んでゴールを踏んだ。4時間25分17秒(ネットタイム)        


そして本日        

救護所のお医者さまに言われた「太ももも前に痛みが来たら、坐骨骨折してるでしょうから、観光せずにすぐ病院へ」の助言が頭から離れなかったけれど幸い本日の診察で、骨折はしていない事が分かりました。脂肪が助けてくれたのでしょうか。強い打撲ですのでしばらく安静だそうです。練習も小休止です。たくさんの方にご心配おかけしました。ありがとうございました。 椅子に座るのが苦痛でして長い時間パソコンに向う事ができません。(泣) ちょこちょこと、楽しかったドラツァー@宮崎の旅をアップしていきますね。


   こうして私の’06最後の「ベストを尽くすレース」は終わりました。 

   私自身に橋本裕さんのこの詩を。     

             人間らしく

                                     人間らしく生きること
                                       のんびりとあせらずに
                                       たのしみながら

                                     倒れたら起きあがる
                                       嵐の時は雨宿り
                                     愉快なときは笑い
                                     哀しいときは泣く
                                     元気があまるときは
                                     駈けるのだ
                                       こうしてあるがままに
                                       己の人生を歩もう       
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             


追記 ドラは仕事の激務&睡眠不足&観光案内コンダクターの中、派手に突っ込み、見事に撃沈しながら無事にゴール♪ 三女の○りちゃんも普段全く走らないのに4時間2分! ドラ妻も初ハーフ2時間30分♪夫は28キロからやはり撃沈し、エイドでストレッチしながらも、3時間57分58秒(ネット)で完走しておりました。^^ 福知山から3回しか走ってないのに良くがんばりました(笑) みんないい日だった。うんうん^^   


’05私のホノマラ当日 [マラソン]

          ついにマラソンの朝がきた

ラナイに出ると肌寒い。お月さまが出ていた。思わず手を合わせて祈る。「いい日でありますように」 。

と、その時電話が鳴った。「ひででーーーっす」(うれし泣き笑) 今年は大きなイベントと重なって来れない札幌のひでちゃん

話しの途中慌しく業務連絡をしながら、エールを送ってくれた。ひでちゃんありがとう。         ひで「えーっっっと 今日かなり暑くなるよ!!!!しっかり給水してね」 R「マジで?」 日本から情報を得る

洞爺湖マラソンの4時間55分より早く走れたらうれしいよ^^ 練習したからね。行くよわたし

スタート地点までシャトルバスが連れて行ってくれる。東京組のお頭・ププさんヒマワリのランパンの健ちゃん・・・そのほかの仲間たちとくつろぐ。

国東50キロをともに走ったKeiちゃんとは、はぐれないようにぴったり寄り添う。5時間を切りを目指す。フラの仮装のエミリーちゃんとひよこの仮装のmotoちゃんを見にふうみん がスタートラインの最先端に行く。続いて私も見に行くがすぐにはぐれた。とうとうふ~みんは行ったっきり帰って来なかった 3万人近い人間がいるんだもの。。ね。。。そうしてアメリカの国歌が流れ第33回ホノルルマラソンはスタートした。 R 「今年のスターターは誰なんだろう」 Keiちゃん 「あぁぁぁぁ坂口クンだぁぁぁ きゃぁぁ さかぐちくうぅぅぅぅん 行ってきまーーーっす」と彼女は満面の笑顔とソプラノで叫んでいた。

              

そうか、坂口くんなんだ。今年は。 R「坂口くーーん行ってきまーーっす♪」と一応言ってみたよ。     R「ねぇねぇ、ところで坂口くんって誰?」 Keiちゃん「Runkoさん はぁぁぁ やっぱり知らんかったか」 坂口憲二さん もう覚えましたから


今年の私は練習積んだから、きっとガンバれるはず♪神戸女子ハーフでも念願の2時間切りできたし、ホノマラで自己ベストだね 静かに走りたかった。

しかし夫は根っからの誇り高きファンランナー。いつも感動している彼は、目にするすべてに感動し話しかけてくる。イヤだっ 知っています。6分30秒ペースでスタートしてることも、アラモアナのサンタさんのイルミネーションの美しいことも。混雑しているから足元に気をつけなければならない事も。そうね、そうね・・・・・と答えながらも心の中は「静かにしてっ」 静かになった。MP3を聴いていた。良かったと思うのもつかの間「安奈ァおまえの愛の火は燃えているかぁぁ」歌っていた。彼の十八番だ 

そうするうちに、おっと 荒和井さん..と○橋さんコンビが追いついて来た。「ちっす!今日はこりゃ、暑くなるね」と軽快に走り去る。10キロはワイキキのホテル通り。ダイヤモンドヘッドの坂を登って行く。例年より早いペースだから地面に捨てられる紙コップも少ない。「お日さまが出てくる前に、涼しいうちになんとかハーフ地点まで行きたいものだ」   Half 2:13:35  


このコースマップ 年がら年中我が家のとある部屋の壁に貼り付けている。一度来られた方は、ご存知ですね(笑)

       

ホノマラは折り返してくるランナーとハイタッチできる。このシーンがとても好き。みんなに会える。エミリーちゃん、ヒマワリらんぱんの健ちゃん、VRさん。ププさんにも会えた 笑ってはいけないのだが、ププさんときたら笑える練習量の少なさ。なのにさすが、おつまみ~ず☆のお頭。やはり、「速っ」 そして二人は駆け寄る(笑) 数時間前に別れたばかりだというのに懐かしい人と再会するかのように笑顔でハイタッチをする。^^ 「手のぬくもり」が身体の中までしみ込んだ。ハーフで別れた夫とKeiちゃんも間もなく出会うであろう。仲間のみんなが何故か笑いながら「熱くなる時」。


ひとり黙々と走る。私も折り返して今度は、ドラえもん組のプチ集団を発見なにやら賑やかに走っていた。一人旅は始めて。とにかくカハラの坂を目指す。

35キロ地点では、このままだったら4時間30分は切れそうだわ!なんて思う。が、しかーし、38キロからなかなか前に進まないのよ カハラの坂も暑さでへろへろ登る。朝連のこと、マンダリンホテルのこと、そして’04に、てつドラが立っていた事を思い出す。歩かず登ろうと思った。


   とっくににゴールし  シェルレイをかけた健ちゃん

ランニング雑誌に書かれてた健ちゃんの「記録より、記憶に残る大会を」という言葉が蘇った。かっこいい言葉だ。この坂を下ればゴールのカピオラニ公園という時「Runkoさん、あと少し!がんばれ~」と声をかけてくれた。うるっときた。

JAL最後のエイドステーションが見えてきた。手と腕にハイビスカスをつけたレフアさんに「元気の水」をもらう。まさか夫が先に行ってないか確認した。 俄然やる気が出てきた。30分は切れないけど最後の1キロを全力で走った。もうこれ以上は出来ないと思うくらい苦しい’05私のホノマラ。   ゴールを踏んだ。  

     振り返って     コースに心を込めて一礼をした

                 4時間34分 


    シャワーを浴びて、仲間たちを待つ。おぉ!我が夫が来る頃だわ                          

ゴール付近で待つ。なんと5時間切りをねらうKeiちゃんの姿が遠くに見えてきた。オレンジのユニ。間違いないわ。彼女は「まだそんな力があったか!」という猛烈な走りでゴールした。抱き合って泣いた。感動的だった。「やったわねkeiちゃん」 「うわぁぁぁん Runkoさぁぁあぁぁあぁぁん」とソプラノで叫んでいた。 やがて落ち着き「あら?ごーるどさん、そういえば来ないわね」


JALの広報が様々な完走者にインタビューしていた。笑顔で「がんばりましたぁ」などと答え、仲間のゴールを待つ。いくらなんでももう1時間近く来ないなんておかしいわね・・・ ゴールしているわよね・・・と一度ホテルに戻ることに。

お部屋のドアを開けると、すでにシャワーを浴びた真っ黒に日焼けした夫がいた。「やぁ お帰り~おそかったねぇ」 「あれぇぇぇ いつゴールしたの?」の会話をしながら乾杯 「き、きみの方が速かったみたいだね 笑」 「え、えぇ・・そうみたいね 爆」


二人は勝敗の壁を乗り越え、仲良くゴールのカピオラニ公園に向う。保冷バッグにをしのばせてね。そうこれからゴールするであろう誰かのために。。。。。 (よいこの皆さま、ハワイ州では公園でお酒を飲んではいけません

   

        みんなそれぞれのゴールをした  ひよこは爪も黄色に塗っていたね^^   


      ププさんたちと、さぁさぁ今宵は打ち上げ♪

  おつまみ~ず☆東京本店(楽組)みんなに会える。プレゼント交換の用意もした。誰にいくんだろう私の用意したお宝 

Haruちゃんププさん荒和井さん「PuPu in HAWAII」の5日目にパーティの様子があります。楽しいひと時、ふ~ちゃんが書いてたっけ。1年分のエネルギーをもらえるって・・・・・ねっ。 


     あれから時は流れ現実に戻った数ヵ月後。。。。

Keiちゃんが申し込んでおいた「’05ホノマラDVD」がハワイから届いたというお知らせが来た。彼女オリジナルのDVD。 「ご、ご、ごぉぉぉぉるどさんがゴールシーンに映ってますぅぅぅぅぅぅ」と電話がきた。  我が家は1本(Runko)で申し込んだためハーフまで一緒だった夫はそこまでしか映っていない。出会えなかったゴール・・・見れるんだわ♪

  VRさんが友情出演   私たちもおまけで参加したっけ。この写真は、前日に「レースに向けての宣言」をしているところ

■そのDVDとは

猛烈ダッシュで最後の直線をかけてくるオレンジのユニのKeiちゃんが遠くに見える。な、なんとその時、へろ~へろ~とゴールする夫、ゴールドの姿がバッチリ映っていた。な、なんと・・・・妻は、仲間の感動ゴールに集中して夫に全く気が付かなかったのだ。 彼もまた私を見つけ損ねたわけね。。

タイムは私が15分ほど速かったけど、「楽しんだ」のはこれまた夫だった(笑)

えっほ、えっほ  きゃはは・・・チャッカリ


              もうすぐ渡ハの仲間たちへ

         

この1年、様々なことにガンバッきた自分を誇りに思って、花の島で風に吹かれ、たくさんの思い出をつくって来て下さい。そして最高に楽しいレースでありますように。

時差はあるけど12月10日、宮崎・青島太平洋にて同じに日スタートラインにつきます。海は続いていますねっ♪ 

みんな、みんなGood Luck Sunday


カハラの夕べ [マラソン]

    二日遅れの~夫を乗せて~はホノルル空港に到着

 私はその日朝からてれさん・satoさんたち福岡組&ソウルからのふ~ちゃんと海がめウォッチング&エビ&島の半周ドライブを楽しみ、ホテルに到着した夫と皆で再会のハグハグをした。その後

そう!今宵は、ホノルル在住の荒和井さん&高○さんと約束の日   Earth Wind & Islands

我ら皆、同い年ちーむGoGo        

         カハラ・マンダリンホテルでのお食事会となった。         

       ↑ 思いがけずエミリーちゃんのフラも見れた(笑)

       

高級住宅街カハラにある名門ホテル さすがと思わせる雰囲気と心地よいサービス1年ぶりの再会でも常日頃、ブログでお会いしてるので懐かしさがあまり無い(爆)荒和井さんのご友人と、様々な楽しいお話しで盛上がり、豪快に飲み続ける荒和井さんと高○さんとエミリーちゃんにお付き合いするので大変でした。(爆)                                         

   彼女ちなみに、この姿で   あと少しで3時間 切れたらしい(笑)  

 


’05 私のホノマラ さぁ後編一気に♪ [マラソン]

  この空、この雲、この風 この南の島にはたくさんの思い出が    

                     


’05ホノマラ完走記   さぁさ、急がなくては。みんな出発してしまう

  


マラソン記念日@福知山 [マラソン]

’06年11月23日 晩秋の京都福知山 素晴らしい紅葉の中のマラソン              

                   

       もうすぐ42キロ最後の坂 夫は手を挙げて、駆け上がって来てくれた

                

   念願の サブ4 感動のゴールでした             3時間46分48秒(ネットタイム) 


 力を下さった仲間たち  本当にありがとうございました 

                                  Gold&Runko


’06神戸女子ハーフ☆☆楽しんできました。 [マラソン]

朝、4時に目がさめた雨か。。自分のことのように緊張してきたよ。

そんな僕とは裏腹にキッチンで早くも妻はお餅を食べる準備をしていた

この二人。母娘の年の差。いつも楽しそうで、こちらまで楽しくなるね。 

                                 

先日の吉野川、初ハーフで国際をゲットしたはちちゃん。我々は娘の発表会を見に行く気持ちだった。そのはちちゃん、今日は妻のペースメーカー!

らんばでぃのこーちからは「4分50秒で」 妻は「死んで来まっす」と返信したそうな。                 

          

 楽しそうだ。レースを楽しんで欲しいと心から願う。 マスチンと僕はスタートを見送り、電車で兵庫まで行き、9キロで待つ。来た来た!!!   笑っていた。 

    

そして神戸ハーバーランドに戻り 、ゴールで待つ。来た!!!   らんばでぃACのユニフォームが見えた。  よくがんばった。本当にがんばったね・・・1時間43分の福井ハーフで出した僕の自己新に迫るではないか

そして二人は手をつないで、笑顔でゴールしていた。1時間44分06秒。

リスペクト・・・  GOLD  



     

3箇所で大声援をしてくれたマリオ!もう可笑しくておかしくて・・笑いながらと走りました。リラックスをありがとう。 日奈太くんで寒くってつまんないのによく待ってくれていたね^^ ありがとう。 昨夜雨の中、2時間走ってきた「怪しいひよこちゃん」メッセージありがとう。がんばれましたぁぁぁ!

   元町南京町 プチ打ち上げをしました

マスチン、今日は本当にサプライズでした。あつ~い応援ありがとう!さぁ福知山だわね 東京組はひどい雨の中、走っているね・・・東京に思いを馳せて帰路につきました。がんばる仲間、らんばでぃACFine Athlete   Runko


秋の日・吉野川ハーフマラソン [マラソン]

     見れど飽かぬ 吉野の河の 常滑の

    絶ゆることなく また還り見む            柿本人麻呂                              

          ■千鳥泣く み吉野川の川音の  やむ時なしに思ほゆる君

         ■馬並めて み吉野川を見まく欲り  うち越え来てぞ瀧に遊びつる

世界遺産登録されている吉野山。その昔、万葉集にも数多く詠われ天武・持統天皇が度々訪れた地。奈良・吉野川


世界に誇りうる景観。千鳥も馬もいなかったけど、現代版飛鳥美人たちはこの日この橋を駆け抜けていた。

ひ~ちゃん  四万十60キロ。2位の足だ!   

 来た!  コーチかっしー  マスチン

ラスト1㌔   みきぽん

               まりお&motoちゃんの爆笑コンビも

 国際ゲットゴール      はちちゃん も 

  

   応援にきた日奈太くんも^^ 校庭の椿も 久宝寺RCのかっこいいみなさんも  

         

       吉野の里のお野菜も、 今日も帰れば主婦・・・我ら ☆ち~む・しゅふも 

          

いつも爽やかのりぴーも、あまえんぼうのもとちゃんも、日に焼けたみきぽんどのも、少年のようなこーちも みんな一緒に過ごした吉野の秋の一日でしたFine Athlete  

仲間たちは11月19日東京国際女子マラソンに出場。同じ日、神戸女子ハーフで1時間50分切りを目指すわたくし。レベルの差は雲泥でも同じ時を過ごす仲間たち。これからもさぁ、みんながんばろーーー     


七夕駅伝の思い出 [マラソン]

       大阪城公園の夕暮れ時   七夕駅伝を走りました  

    

    

  ランパパも超ハードなダイトレから駆けつけてくれました。


    さぁ らんばでぃAC、4チーム&われら「コーチとおはな」チームの力走ご笑覧くださいませ~^^

          

           

          

                   MVRの2枚             

  

     せんせ趣味の生活             コーチFine Athlete      

 別のチームのアンカーであるコーチは私のタイムに刺激を受けたらしく、11:05で走り抜いた とせんせのブログにありました^^ 笑
              

                 やえちゃん 可愛いすぎます

わたしたちのチーム名は 「コーチとおはな」です。 ハワイ語でOhanaは家族、仲間 


   打ち上げの会場シーン

 

名古屋のゾエコちゃんも 「コーチからの指摘・適正体重」を忘れ名物に群がるれでぃたち

  

とっぱれのマスター 楽しいお酒とお料理、居心地のよい席。。。ありがとうございました。

 いい日でした。年も住まいも目標もみんなそれぞれ。。。でもこうして同じ伊藤コーチの指導を受ける仲間たち。 Good Luck!


      そしてそして。。。。。私の大切なあのかたが登場

         

第3走者の私と久宝寺RCのアンカーのもとちゃんモトロコSERENDIPITYがすれ違う時。 遠くから「らんこさぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん」と。^^

そりゃあもう 人目をはばからない彼女の声が。私たちだもの。。。ハイタッチだってすごいアクションです。(笑)

今、いろいろな事と向き合っているもとちゃん! 私はいつもあなたのそばにいるよ♪ 

Love Runko


精一杯の駅伝 [マラソン]

 3週続けて長居競技場に来ました。12日は大阪市長杯駅伝の日。

またしてもこの方とハグハグ。^^ motoちゃんの親友のマリオの姿も!!!!

  

まだ、この駅伝のこわさを知らない無邪気な我がチーム。

「マリオ、私ね第一走者なんだけど・・・」 すると、マリオが爆笑応援してくれた。

  

やがて、じわじわその意味が分かってきた。有名なRCの有名ランナーばっかりじゃない(;^_^A  

  

こうして約80名近い第一区のランナーがスタートしました。それはもう、すごいスピードで。。。 全力疾走に近いスタートでした。 ガンバリマス。(涙)

   

最終ランナーの私に、声をかけて下さる久宝寺RCの世界一のこーち!

   

昨年から、ジムのラン仲間で、参加を決めていたこの大阪市長杯駅伝。「ドベやったらイヤやなぁ」 「どこかのチームがドベになる運命なんやから、出てみよう!がーんと行ってみよう!」と勢いで参加決定。

2月12日の長居競技場は、有名なRCのアスリートたち、○○高校陸上部のエネルギーのかたまりの若者たちが、ひしめいていた。

5人でタスキをつなぐ。第1区は6、1キロ 2区からは3、3キロ。何故か私が6キロ(>_<)  理由は、いつも走ってるから。だそうな。なんとmotoちゃんも第1区。すぐそばで、一緒にスタートなんて、素敵すぎる。

我がチームのエース、10キロを43分の快速YAEちゃんは故障中。京都ハーフ1時間42分のMIKIちゃんも4区で出たけど、故障中!あと、その他はみな同レベル。間違いなく○○でしょう!

最終ランナーの私はそれでも沿道から、たっくさんの応援を頂きました。ありがたかった。スタートから5分ペースくらいで走った。20メートル先のランナーに追いつこうと必死になる。が、しかし、横腹にキーンという痛みが来てあと10メートルまで来たのに追いつけなかった。というより、止まろうかしら。。。なんて考えた時もありました。一人ならそうしたかもしれない。そうしなかったのは「仲間が待ってる」そのことだけでした。

長居競技場に入り、コーナーで久宝寺RCの伊藤コーチとmotolocoちゃんが応援して下さった。夢みたいに嬉しかった。「もっと腕ふって!」の大きな声が今も耳に残っています。31分でゴール。^^

駅伝が近づき、楽しみだった気持ちが不安に変わってきた頃、マイケルさんの言葉に励まされました。motolocoちゃんに勇気をもらったマイケルさんがサロマ100キロにエントリーされた経緯の中の一部です。

与えられた情況の中で最大限の努力をして・・・
情けないし、悔しい思いをする事が判っていて実行する勇気・・感動しました。

考えているばかりでは日が暮れてしまうよ、実行が先ず第一であるよと教えてもらった。

様々なかたちで、人は助け合って生きている。決して一人では走れない。そして私は、やはりこれからも、旅するファンランナーでいたい。私の心臓まだいけるかな・・・♪

マイケルさん、黙って拝借しました。ごめんなさ~い! そして、同行してくれたカメラマンのK-Gさんに感謝します。

Runko


前の10件 | - マラソン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。